STVの取り組み

「SDGメディア・コンパクト」への参加を契機に、これらの取り組みをさらに強化し、道民や道内の企業、団体と手を携えながら、北海道が世界のSDGs達成の先進地となるような取り組みを続けてまいります。

チームSTVからチーム北海道へ

STVでは社員一人ひとりが「持続可能な北海道の発展」を実現するための担い手であることを念頭に、自分たちができることを常に考え、行動することを目標としています。そのためには会社としての在り方や社員への向き合い方も重要であると考えます。

パートナーシップ
未来
職場環境

パートナーシップ


STVは2022年7月1日、国立大学法人北海道大学サステイナビリティ推進機構とSDGsの推進と達成の加速に貢献するための連携協定を締結しました。気候変動や災害、地域や世界で起こっている出来事について最新の研究も取り入れながら市民の皆様に素早くわかりやすく情報を発信すること、さらには知見の利活用を促す場を提供することで相互の強みを活かしながらSDGsへの貢献を目指していきます。

関連サイト:北海道大学

■ 北海道日本ハムファイターズとの協働

・スポーツアナウンサー体験

・選手会シートチケットプレゼント

未来


SDGsは2023年までに達成すべき目標。これからの地球上で生きていく人や生物が暮らしやすい環境を守るために、今を生きるすべての人たちが取り組むべき目標です。STVでは、これからを担う若者世代、子供たちの健やかな成長と発展の手助けとなることを通じて、北海道を明るい未来へとつなぎます。

■ 道内の農業高校や水産高校の生産品紹介・販売支援

ほっかいどう農業高校×どさんこワイド
 オリジナルスイーツレシピ コンテスト


どさんこワイド30周年特別企画
 農業高校スペシャルコラボ・スイーツコンテスト


・「どさんこキッチン」水産高校ウィーク(8/29~9/2)



STVみらいアスリート

文化部応援プロジェクト

■ 道内大学に講師派遣

館内見学(新型コロナ感染対策のため休止中)

職場環境


国が策定した「SDGs実施指針」の優先課題には、あらゆる人が活躍する社会・ジェンダー平等の実現などがあります。STVでも働きやすい職場環境への取り組みを積極的に行っています。



育児休業の取得促進(女性社員の取得率は100%、
 2022年には30代男性社員2名が取得)


女性社員の採用や管理職の比率向上など
 ダイバーシティの推進


企業保育園との連携&補助

■ カウンセラーによる「なんでも相談」毎月実施

■ インフルエンザワクチン接種の無償化

■ コロナワクチンの職域接種実施

TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com